フードアナリストkeikoのハッピーライフ

keikohappy.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 05日

博多の老舗 寿司・割烹の河庄にてランチ (福岡市中央区西中洲)

博多の老舗 寿司・割烹の河庄本店さんにてランチを頂いてまいりました。

女子8名。
美味しいものダイスキなメンバーです!

何と、河庄さん 
お子様連れの若いお母さんや
美味しいもの好きな若い方にも気軽に来てもらえるように。


3150円でランチをいただけます!


ちょっと敷居が高そう。。。
と思っていらっしゃる方も多いと思いますが
3150円ならリッチなお昼の新年会などにいかがでしょうか??

嬉しい事に、ランチでは個室使用料がかからないのですよ~。

女子8名
2階のお部屋 『近松』 へご案内いただきました。
f0184700_1629767.jpg



素敵な調度品。さりげなく置いてありますが、ビックリするような素晴らしい品々なのです。
f0184700_16311739.jpg


こんな素晴らしい空間でランチを気軽にいただけるなんて嬉しい限りです。


・お吸い物
梅白玉のあられ揚げ
f0184700_1641912.jpg

ふんわり香る梅の白玉と出汁が上品なこと。

お吸い物をいただいて
ふう~。
リラックスして、気分もゆったり。


そして
・穴子と湯葉の茶碗蒸し 蟹あんかけ
f0184700_16504739.jpg

ビックリするなめらかさ!
お聞きしたらたまご液は何度も何度も濾していらっしゃるそうです。
穴子が全く臭みが無く
フワフワとしていて、それでいて滑らかで。
丁寧な仕事が伝わって来ました。



そしてお寿司
にぎり8貫 ・ 巻き ・  玉

f0184700_16592843.jpg


f0184700_1659487.jpg



綺麗です。
しばし見とれました。
珍しい 五島産の高級魚”やがらの握り”
f0184700_1712782.jpg


そして、そして
玉!(ぎょく)
f0184700_17161264.jpg

まるでカステラのよう。
食べてまたビックリの美味しさ!
8名全員ノックアウトでした!

玉子を黄身と白身に分けて別々に丁寧にしっかり泡立て
海老と甘鯛のすり身とあわせ
低温でじっくり焼くそうです。


おかみさん曰く
『兄さんの仕事じゃないとこうはならないんですよ。』

まさに職人技です。
こちらの玉はお持ち帰りも出来るそうです。

これ、バレンタインにどうかしら??
なんて思ってしまいました。
甘いものが苦手な方もいらっしゃるからね。

この良さがわかる方に是非♪

海老アレルギーの方は残念ながら無理ですけど(~_~;)

こちらの河庄さん
昭和22年創業
寿司・割烹という言葉は
初代が大連から引き上げた際に
寿司と料理を。

との思いで
寿司・割烹
という言葉を最初につけられました。


『河庄』は歌舞伎の演目

近松門左衛門の傑作 「心中天網島(しんじゅう てんのあみしま」上の巻
大阪の茶屋の名前。

各個室に歌舞伎にまつわる名前がついています。

『河庄のマークも歌舞伎に因んだマークなんですよ。』
f0184700_17403095.jpg


デザートの柚子シャーベット キャラメルかけ
をいただきながらお話を伺いました。


1959年竣工の 吉村順三氏 設計の河庄本店。
どうしても吉村先生に設計していただきたくて
何度もお願いされてようやく吉村先生設計の運びになったそうです。

f0184700_19214515.jpg


コンクリート打放しと1階は木製のルーバー、2階はコンクリートのルーバー。



打放しといっても 普通の打ち放しではありません。
型枠に転写された木目が美しい。

f0184700_17474725.jpg


アントニン・レーモンドに師事し、レーモンドに日本建築を伝え
日本の伝統とモダニズムの融合を図った
吉村順三氏ならではの設計です。



お芝居の中で
腕を、窓の格子にしばられてしまうシーンがあるのですが
そこまで考えてデザインされたのか・・・????

f0184700_18165833.jpg


格子があらゆるところに施されていました。



天井の換気口もこだわりが。
f0184700_17554065.jpg

木で六角形。きっとなにかあるはず。
天井の木材も木目がとても美しい。


カウンター椅子の脚も六角形で歌舞伎に因んだ配色。
人数が増えたときにはこのように
f0184700_1802230.jpg

f0184700_1804045.jpg

f0184700_1805246.jpg


エクステンション出来る様になっているのです。




1階カウンターのレイアウトは
お客様が顔を合わせない様に・・・・
f0184700_1831033.jpg



と配慮されていたり。




素晴らしい料理の技
そして
素晴らしい建築


日本ならではの色々な香り、味を楽しむ繊細な感覚。
その感覚を呼び起こさせられ
五感をフルに使って楽しませていただきました。




まさに博多の老舗

寿司割烹 河庄 本店さんでした。
f0184700_1922571.jpg



寿司割烹 河庄

【住所】
福岡市中央区西中洲5-13

【TEL】
092-761-0269

【営業時間】
11:00~15:00
17:00~22:00 (23時閉店)
土・祝は通し営業〈日曜定休〉
[PR]

by k03201974 | 2011-01-05 18:09 | グルメ


<< エスニックラーメン☆ ラーメン...      2011年 今年も宜しくお願い... >>